高額買取への第一歩!誰でもできる空気清浄機の掃除方法3選

こんにちは♪
いつもご利用いただきありがとうございます!不用品回収ホープ宮城です!

e67e9d1a3b03dd0c863860cce7824420_s.jpg

不用品回収業者の回収・買取サービスを利用するなら、できるだけ高価買取につなげたいものですよね。空気清浄機においては、事前に掃除をしておくことで高価買取につながりやすくなります。
そこで今回は、空気清浄機の掃除方法を3つご紹介します。

■本体の掃除方法
本体を拭き掃除する際に使用するのは、水気を固く絞った柔らかい布です。吸い込み口の周辺や凹みのある部分は特にほこりがたまりやすいので、しっかり丁寧に拭き取っておきましょう。なお、固い布を使用したり強くこすりすぎたりすると、本体に傷がつく恐れがあるため要注意です。
また、フロントパネルの裏側もほこりがたまりやすい部分のひとつ。フロントパネルを外し、同じく水気を固く絞った柔らかい布で優しく拭き取ってください。
本体を掃除する頻度は月に1回程度でOKです。

■加湿フィルター・給水タンクの掃除方法

e10722038df9a535933900bb60dbb792_s.jpg

加湿機能つきの空気清浄機の場合は、加湿フィルターと給水タンクの掃除も欠かせません。
加湿フィルターが汚れていると衛生的によくありませんし、悪臭の原因にもなります。そのため、水やぬるま湯を利用して定期的に掃除することが大切です。落ちにくい汚れにはクエン酸が有効です。3Lの水に大さじ2杯分のクエン酸を溶かし、加湿フィルターを沈めた状態で約30分放置したら押し洗いしましょう。
水垢がたまりやすい給水タンクは、水ですすぎ洗いをします。給水タンクの汚れにもクエン酸が有効で、上記の分量で溶かしたクエン酸水で洗ってからしっかりとすすぎましょう。
加湿フィルター・給水タンクともに、ポイントはクエン酸をきれいに洗い流すこと。洗い残しがあると異臭の原因となる恐れがあるため、何度か水を換えてすすぐことをおすすめします。

■集塵フィルターの掃除方法
集塵フィルターは、製品によっては水洗いできないことがあります。そのため、ほこりがこびりついて除去できないということがないよう、定期的に掃除をして清潔な状態をキープすることが大切です。掃除の際に使用するのは掃除機。細かい部分に対応できるノズルやブラシつきノズルを使用し、たまったほこりを吸い取っていきましょう。なお、掃除をする頻度は2週間に1回程度でOKです。

この他、ハウスダストセンサーやほこりセンサーなどに付着したほこりも除去しておきましょう。センサー周辺が汚れていると、「空気中にほこりが舞っている」とセンサーが勘違いし、常に空気清浄機を稼働させることになります。電気代が高くなるのはもちろん、トラブルにつながる恐れもあるため注意が必要です。

■まとめ
宮城県で空気清浄機の回収・買取をお考えの方は、ぜひ不用品回収ホープ宮城にご連絡ください。不用品回収ホープ宮城では査定はもちろん、スタッフ一人ひとりの接客品質の向上にも力を入れております。電話対応から不用品回収時の対応まで、誠意を込めて対応いたします。お客さまからのご連絡をお待ちしております!



2018.02.19